スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノバルティスの腎細胞がん治療薬は「比較的使いやすい」(医療介護CBニュース)

 東大先端科学技術研究センターの赤座英之特任教授は5月24日、ノバルティスファーマ主催の腎細胞がん治療薬「アフィニトール錠」発売記者説明会で、「腎細胞がんの治療の幅が広がったことは間違いない。安全性の面から比較的使いやすい薬だと思っている」と評価した。

 腎細胞がんに対する薬物療法をめぐっては、サイトカイン製剤(インターフェロン、インターロイキン)に続き、最近になってバイエル薬品のネクサバール(発売=2008年4月)、ファイザーのスーテント(同6月)、ノバルティスファーマのアフィニトール(今年4月)と分子標的薬の発売が相次いでいる。
 アフィニトール(mTOR阻害剤)は、ネクサバールおよびスーテント(チロシンキナーゼ阻害剤=TKI)と作用メカニズムが異なり、ノバルティスでは「これまで使える薬剤がなかったTKI治療後の患者さんに使える薬剤」と位置付けている。

 説明会で赤座特任教授は、アフィニトールの安全性について「TKIで積み重ねてきた経験と比較すると、使いやすい薬だと思っている。ただ、免疫抑制剤であることから、感染症の合併患者や結核、肝炎ウイルスの既感染者などに注意が必要。また、肺に対する副作用が今までのものより強いという点に注意しなければいけない」と述べた。

 また、分子標的薬が抱える課題として、「臨床試験のスピードアップに伴い、効果・副作用の人種差が軽視されているきらいがある」とし、「日本国内での全例調査は非常に重要な意味を持ってくる」と指摘。また、「今のところ薬価が高いことに対する答えはないが、今後、各種薬剤に適した患者を選び出す治療の個別化が必要になってくる」と述べた。


【関連記事】
ARBとCa拮抗薬の配合剤選びは「薬価の差がファクター」
DPP-4阻害薬とSU薬との併用に注意
武田薬品、新製品5品目の承認を取得
【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定
抗がん剤2品目の承認を了承―医薬品第二部会

<事業仕分け>第2弾後半2日目 浄化槽設備士、試験講習丸投げ(毎日新聞)
<取り調べ監督官>14件見つける 昨年度警察導入の新制度(毎日新聞)
介護福祉士、認知症85歳入所者殴り逮捕 1カ月の重傷負わす(産経新聞)
ブレーキレバー折れ運転取りやめ JR西日本 (産経新聞)
「天下国家は後回し」小沢氏、若手に苦言(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。