スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノバルティスの腎細胞がん治療薬は「比較的使いやすい」(医療介護CBニュース)

 東大先端科学技術研究センターの赤座英之特任教授は5月24日、ノバルティスファーマ主催の腎細胞がん治療薬「アフィニトール錠」発売記者説明会で、「腎細胞がんの治療の幅が広がったことは間違いない。安全性の面から比較的使いやすい薬だと思っている」と評価した。

 腎細胞がんに対する薬物療法をめぐっては、サイトカイン製剤(インターフェロン、インターロイキン)に続き、最近になってバイエル薬品のネクサバール(発売=2008年4月)、ファイザーのスーテント(同6月)、ノバルティスファーマのアフィニトール(今年4月)と分子標的薬の発売が相次いでいる。
 アフィニトール(mTOR阻害剤)は、ネクサバールおよびスーテント(チロシンキナーゼ阻害剤=TKI)と作用メカニズムが異なり、ノバルティスでは「これまで使える薬剤がなかったTKI治療後の患者さんに使える薬剤」と位置付けている。

 説明会で赤座特任教授は、アフィニトールの安全性について「TKIで積み重ねてきた経験と比較すると、使いやすい薬だと思っている。ただ、免疫抑制剤であることから、感染症の合併患者や結核、肝炎ウイルスの既感染者などに注意が必要。また、肺に対する副作用が今までのものより強いという点に注意しなければいけない」と述べた。

 また、分子標的薬が抱える課題として、「臨床試験のスピードアップに伴い、効果・副作用の人種差が軽視されているきらいがある」とし、「日本国内での全例調査は非常に重要な意味を持ってくる」と指摘。また、「今のところ薬価が高いことに対する答えはないが、今後、各種薬剤に適した患者を選び出す治療の個別化が必要になってくる」と述べた。


【関連記事】
ARBとCa拮抗薬の配合剤選びは「薬価の差がファクター」
DPP-4阻害薬とSU薬との併用に注意
武田薬品、新製品5品目の承認を取得
【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定
抗がん剤2品目の承認を了承―医薬品第二部会

<事業仕分け>第2弾後半2日目 浄化槽設備士、試験講習丸投げ(毎日新聞)
<取り調べ監督官>14件見つける 昨年度警察導入の新制度(毎日新聞)
介護福祉士、認知症85歳入所者殴り逮捕 1カ月の重傷負わす(産経新聞)
ブレーキレバー折れ運転取りやめ JR西日本 (産経新聞)
「天下国家は後回し」小沢氏、若手に苦言(産経新聞)
スポンサーサイト

毒ギョーザ事件、袋に微細な穴…供述と一致(読売新聞)

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、警察庁は14日、千葉市と千葉県市川市の家族が食べた2袋に微細な穴が見つかったと発表した。

 兵庫県で回収された袋にも小さな穴が確認されており、同庁は、中国公安省に逮捕された製造元「天洋食品」(中国河北省)の元臨時従業員・呂月庭容疑者(36)の「注射器で殺虫剤を注入した」とする供述を裏付ける証拠とみている。

 発表によると、穴は1~2ミリの筋状で、それぞれ1か所ずつ見つかった。製造年月日はともに「2007年10月20日」で、呂容疑者の供述する犯行時期と合致する。

 千葉県警はこれまで、穴はない、としていたが、呂容疑者の供述を受け、警察庁が再鑑定を行った。

B型肝炎訴訟 救済へ、やっと一歩 和解協議入り(毎日新聞)
表面かりっ中ジューシー 続 家庭用グリルの活用術(産経新聞)
エコポイント「大きな成果」=直嶋経産相(時事通信)
診療行為別調査を15日から開始―保団連(医療介護CBニュース)
<文科省>日本語指導の教員拡充へ 外国人児童の対応強化で(毎日新聞)

19万台依然不明 パロマ湯沸かし器 回収続く(産経新聞)

 東京地裁で11日、判決公判が開かれたパロマ工業製ガス湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故。事故が起きた湯沸かし器4機種と類似の3機種も含めた計7機種は昭和55年~平成元年に計約26万台販売された。経済産業省が平成18年8月に回収命令を出してから約3年8カ月。うち約19万台は既に廃棄されたのか、存在しているかどうかも分からない状況だ。

 販売時期が古く、顧客名簿も作っていなかったことが影響したとパロマ広報室。「回収作業に終わりは見えないが、消費者の方のご協力を得て地道に点検し続け、一台でも多く回収したい」としている。

 安全装置の不正改造は、8年に東京都内の自宅マンションで死亡した山根敦さん=当時(21)=の遺族が18年2月以降、原因究明を求め、警視庁が再捜査して判明。経産省が過去の記録を調査し18年7月、事故が多発していることを公表した。

 回収命令を受けパロマ側は、設置にかかわったガス事業者から約6万8千台分の設置先リストの提供を受け、約2万1千台を回収。残る約4万7千台分は廃棄などですでに存在しないことを確認した。

 パロマは現在もホームページや新聞広告、テレビCMを通じ、7機種の所在に関する情報提供を呼び掛けている。毎月数件から十数件程度ユーザーらからリストに載っていない設置情報が寄せられているという。

<高松塚古墳>「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
中畑氏が参院選出馬表明=長嶋元監督の激励で決断-たちあがれ(時事通信)
<保険金詐欺>元朝日新聞販売店店員らを容疑逮捕 川崎(毎日新聞)
鳥取の行楽地は大盛況 GW記録更新(産経新聞)
着服金返すため、再び着服の疑い 元総務部長逮捕(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。